ライブチャットによるチャットレディとのツーショットダイヤル

つながりを求めるうえで、情報機器に頼るのは、現代における常識であり、それは男女間でも適応される

テレビ電話

livechat

現代では、「ライブチャット」と呼ばれるそれは、元々はテレビ電話というカタチで呼ばれていたものである。
今では、SKYPEやLINEなどの登場により、一般生活でもライブチャットは実装されている。
日本に於ける、ライブチャットが実装されたのは21世紀になってからであり、「ライブチャット」という言葉もそれに合わせて普及された。
しかし、以外にもその歴史は古く、1987年まで遡ることができる。
ソニーが最初に「静止画みえてるPCTー15」という名前のテレビ電話を発売した。
しかし、一般に普及することはなかった。
その後、21世紀近くになって、携帯電話端末に「ビデオカメラ」が搭載され以降、テレビ電話は実用化されていくこととなる。

ビジネス

その中で、様々なビジネスが生まれたが、中でも代表的なのがチャットレディとの会話ビジネスであろう。
言うなれば、ライブチャットを通して、ふたりきりで「男女のおしゃべり」を楽しむサービスである。
以前も、「テレクラ」というサービスが有ったが、このサービスはその完全上位互換であるということが出来る。
なぜなら、テレクラサービスは「声」でしか相手を認識できなかった。
しかしライブチャットを用いたこのサービスは相手女性の表情や顔を見ることが出来るのだ。

アダルト

chat

チャットレディサービスは大きく2つのタイプに分類される。
「アダルト」か「ノンアダルト」かのタイプである。
基本的に、ノンアダルトのタイプのほうが、安く、気軽に利用できる傾向がある。
アダルトタイプの場合は、カメラに向かって相手女性に「露出」などをお願いすることが出来る。
逆にノンアダルトタイプは、エロティックなことは何も出来ない。
しかし、ゆっくり話すことが出来るという利点もあり、ノンアダルト専門のユーザーも少なくないのである。